ブログブログ

屋根外装工事協会 定例会 KYOZIN

昨日は 屋根外装工事協会の 定例会で かなり久しぶりに都内に行きました

 

 

ここでも何度か お伝えしている KYOZINシートについてでした

 

 

このKYOZINシートは 恵和株式会社が開発した 特殊なシートで

 

1番のすごいところは 耐用15年と年数がとても長いというところです

 

 

 

 

通常のこういったシートは 良くても5年早いと2.3年でダメになってしまいます

 

 

ところがこのKYOZINは 15年程度はなんでもないそうで

 

とても期待が持てます

 

さらに 施工も簡略化されていて 非常に軽量です

 

これからがとても楽しみです

 

 

瓦屋根の漆喰(しっくい)が落ちてきた、大丈夫でしょうか?!

「瓦屋根のしっくいが落ちてきた」

 

 

このような問い合わせがとても多いです

 

このしっくいが落ちてきたことにより すぐに 雨漏りしてしまうのか

 

ということを解説したいと思います

 

結論から言うと「 漆喰の崩れ は雨漏りには直結しません」

 

ただ メンテナンス時期であることは間違いないでしょう

 

なぜならば 漆喰は 屋根土の表面に塗ってあるものです

 

 

漆喰が剥がれてきたということは

 

中の屋根土が劣化して砂状になっている可能性が非常に高いです

 

 

この写真のお宅もそのような状態で 中の屋根土に湿気がもうなく 粘着力もなく

漆喰が崩れだしました

 

こうなってしまうと 漆喰の塗り替えだけでは 済まないケースの方が多いです

 

なぜかというと屋根土も傷んでいるからです

 

 

その場合は 棟の取替工事(棟取り直し)が必要になってきます

 

瓦屋根は メンテナンスがいらないと思っている方が多いと思いますが

 

それはあくまでも瓦自体には必要ないかもしれないけども

 

防水シート(ルーフィング)であったり 棟であったりは

 

最低でも20年に一度は メンテナンスが必要になります。

職人瀬戸の天窓交換レポート!

今日はコロニアルにTルーフがカバー工法
された屋根を2重に剥がし
天窓(トップライト)交換工事でした

 

新規の屋根材はリッジウェイです

天窓はYKKAP1305からベルックスFCM 4622への
天窓(トップライト)オーバーサイズ工事です

まず、室内をしっかりと養生し

 
カバー工法された屋根を撤去し
天窓(トップライト)の枠のみを残しました

 

次に既存の枠を新規の枠がハマるように加工し
L金具などで補強しました

FCMは施工完了後に窓枠を取り付けるので

 

 

本日は天窓(トップライト)取り付け、ルーフィング、荷揚げ工事までとなりました

 

大変だったのは
カバー工法された屋根材を撤去したり
天窓(トップライト)枠を綺麗に加工して小さくするので
とても気を使う作業でした

 

 

 

一緒に作業してくれた職方の佐藤くんや川口さん
と連携し、現場を見に来てくれた営業の片倉さんとも打ち合わせをし


上手く納める事が出来た結果となり
楽しくもあり作業に真剣に取り組む事が出来て
とてもやりがいのある工事でした

屋根工事完成が楽しみです

 

職人 瀬戸和哉

入社から4ヶ月目に入った 菊池が 1人で屋根施工!

入社から4ヶ月目に入った 菊池が 1人で屋根を施工しています

 

全く 別業種から 入社した菊池

 

不安なこともたくさんあったと思うけど 持ち前の ポジティブな姿勢で

 

壁をどんどん乗り越えてきました

 

 

 成田屋のスタッフの中で 誰よりも 大きな声で 朝のあいさつをし

 

誰よりも 真剣に 仕事に取り組んでいたと思います。

 

親方は 自分より年下の佐藤でした

 

親方佐藤とのコンビもとてもよく

 それも彼の 成長スピードを加速させた大きな要因です

 

社員登用試験においても 過去最高得点を叩き出し その存在感を見せつけました

 

これからの成長が楽しみでしかない25歳

 

 

もしかしたら 2年後ぐらいには 職人見習いを連れて

 仕事をする 彼の姿があるかもしれません

 

期待していますよ!

スレート屋根が 割れたまま 放置するとどうなるのか?!

スレート屋根が 割れたまま 放置するとどうなるのか?!

 

を解説したいと思います。

 

結論からお伝えすると 最悪の場合雨漏りします

 

なぜかと言うと

 

スレートの 構造に その 理由があります

 

 

スレート屋根というのは 見えない部分に釘を打ち 留め付けていきます

 

ですので その上の屋根材が 割れてしまうことにより

 

下の屋根材の釘が出てきてしまいます

 

 

 

 

釘というのは 防水シートを貫通して 野地板に留め付けていますので

 

 

釘の穴から じわじわと入って行く可能性があります

 

 

新築などで スレートの施工中に 多少 水が入ってしまったりという事例があります

 

それも理屈は同じで 釘が見えているということは

 

穴が見えていると同じです

 

 

というわけで

スレートが割れてしまった のであれば なるべく早く 補修することをお勧めします。

ニチハ パミールの葺き替え工事

パミールの現場の 屋根葺き替え工事が始まりました

 

 

パミールとは?!

 

アスベスト含有のものが禁止になった直後の1996年~2008年にかけて製造販売されたノンアスベスト製品で、15年前後で剥がれたり釘が錆びて屋根材がずれ落ちたりという不具合が発生している屋根材です。 石川商店HPより

 

 

パミールの特徴としては ミルフィーユ現象と呼ばれる

屋根の断面が ミルフィーユのように複層になり パリパリと割れてしまうような現象です

 

この状態ですと 塗装はおろか カバー工法も厳しくなってきます

 

 

さらに パミール の多くは釘が錆びていることや

ルーティングが張り付いてしまっているのでそれも踏まえて 葺き替えがおすすめです

 

今回もそのような理由から 葺き替え工事となりました

 

 

このパミール 強風 などにより 飛ばされることもある屋根材ですので

 

注意が必要です。

一ノ瀬瓦工業さんの現場へ!

昨日は 一ノ瀬瓦工業さんの現場を見学してきました

 

一ノ瀬さんは 山梨の会社なので 神奈川で仕事をするという機会はすごく少ないと思います

 

今回は 鎌倉でのお仕事でしたので 見学させてもらいました

 

 

古民家を 富山県から ここ鎌倉へ移設して 再現するというプロジェクトです

 

屋根にもかなりこだわり 大栄窯業さん 銀古美という瓦を使っています

 

 

この銀古美という瓦 もともと 古くなり味わいの出た瓦のような風合いを始めから再現しています

 

以前社員旅行で 淡路に訪問しようとした際に 私が行きたかった窯元です

 

 

コロナの影響で行けなくなってしまいましたが

 

大栄窯業さんへはコロナが明けたらまた行きたいなと思います

 

 

現場は 江ノ島まで見渡せるような景色の良い現場でいかにも鎌倉らしい風景が見られました

 

一ノ瀬さんありがとうございました。

屋根塗装で塗った方がいい場所とは?!

屋根は塗装する必要がないと思っていますが

 

 

1つだけ塗ってもいいかなと思う箇所はあります

 

それが スレート屋根の 板金部分です(主に棟板金)

 

 (サビと劣化で外れかかっている)

この板金部分に関しては サビ始めると 元に戻すことはできなくなります

 

サビているということは 下地の 木材もいたんでいるので

 塗ればいいという単純な話ではありません

 

例えば 海の近くなので 下地木材は傷んでいないけれど

板金が錆びているという場合は 塗った方がいいでしょう

 

 

写真のように 一度棟板金が錆びてしまうと 元に戻すことはできません

 

 

ですので 塗ることをお勧めする場合もあるにはあります。

 

ただ、基本的には塗る必要はないですよ!

長野の石井瓦工業さんへ

先日ですが 長野の石井瓦工業さんに 再度訪問しました

 

 左から 成田 石井社長 石川社長

 

 

3年程前 成田屋商店が エンドユーザーに力を入れたいと 強く思っていた時に

石井社長に会いに行きました

 

石井社長は すでに その時エンドユーザーをかなりやっていて

どうしたらそんな風になれるかって言うのを聞きに行ったのを覚えています

 

また 従業員満足度に関しても とても熱心にやっており

それもすごく勉強になったのを覚えています

 

その中でも1番印象に残っているのは

「人と同じことをしてはダメだ」ということでした

 

確かに人と同じことをしていれば競争もあるし

人と同じということは結果も同じになる

それでは自分の目指す会社のやり方とは違うな という部分も多く

当時はすごく考えさせられました

 

 

今回は石川商店の石川社長と一緒に 石井さんを訪問し

アスマイルという新しいショップも訪をさせてもらいました

 

 

いろいろな 会社によってさまざまなやり方があるけれど

1つの成功モデルとして とても学びの多い訪問でした

 

石井瓦工業さんや石井社長どうもありがとうございました

屋根が大きく4000枚近く瓦を剥がしへ!

昨日は70坪もある
滅多ににない
大人数での瓦剥がし
コンパネ貼りを致しました

 

 

揚げ機1箇所では多分終わらなかったです

ハシゴ2機持っていき2箇所掛け

屋根を半分に分け
15人を社員、手間請、解体半分ずつに分けスムーズに終われました

慣れない解体屋さんや外注さんと社員で組む事で周りを見ながら作業したので
考えながら仕事するのが大変でした

全体的に大変だったのは
とにかく屋根が大きく4000枚近く瓦を剥がし降ろす作業でした

 

 

手渡しする事などで大変さを軽減しました

頭を瀬戸、佐藤に分け
朝、事前に全員に作業説明を周知したので
まとまりもあり
それは良かったかと

気をつけてた点は
雨も降ったりしたので

いかに瓦を、早く下ろし雨仕舞いまで取るかに気を使いました。

 

職人 瀬戸和哉

1 2 3 4 5 6 37