ブログ

台風後の屋根点検について

超大型台風21号が日本列島を縦断してます。

 

雨風が強かったので

「屋根が心配」

という方が多いと思いますので

簡単なチェックポイントを。

 

 

スレート屋根で一番最初に被害が出る部分

それは

「棟板金」です。

 

 

 

赤線の部分が棟板金です。

 

 

それではこの下はどうなっているのかというと・・

 

 

 

 

こんな感じで「木」に打ち付けて留まっています。

 

なので20年もすると・・

 

 

ボロボロになっているケースがほとんどです。

 

そして下の「木」がボロボロだと

 

棟板金が飛ばされてしまうケースも少なくありません。

 

また雨漏れの心配も出てきますので

 

自宅の屋根の「棟板金」をチェックしてみてください。

 

 

外壁寿命を長持ちさせるポイントって?② ラップサイデイングのメリット・デメリット

それでは続きです。

 

 

 

 

 

実は最もお勧めなサイデイング材は

「ラップサイデイング」なんです。

 

 

 

 

 

(当社施工物件)

 

 

 

 

 

これですね。

 

それはなぜか?

 

ラップサイデイングのメリット・デメリットを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

メリット①

廃盤にならない

現在売られているサイディングの多くは5~10年で廃盤になります。

 

 

「別にいいんじゃないの?」

 

 

そう思うでしょう?

・車をぶつけてしまった

・間取りの変更でサッシを交換したい

・サイディングの端っこが割れてしまった。一枚だけ交換したい。

などなど交換しなければならないケースが数多くあります

 

 

そして10年前後むしろそういう依頼が多くなります。

その時に廃盤だった場合はこのようになります。

 

 

 

 

これでも近い柄を使っています。   がこの程度です。

 

この物件の場合はその後塗装し近い状態にはなりましたが

なんともお金を貰って工事する側から考えると

なんとも言えない気持ちになります。

 

 

自宅にはなるべく廃盤にならない外壁材を使いましょう。

 

 

 

 

メリット②

シーリング箇所が少ない

 

 

この中間部分の白いたて線がシーリングです。

サイディング施工には

「中間のつなぎ部分」

としてなくてはならないものとして君臨していますが

 

最も劣化しやすい箇所でもあります。

 

 

 

でもラップサイディングでは

この中間シーリングは無いんです。

 

 

このような「あいじゃくり加工」がサイディングにほどかれており

中間シーリングが不要なんです。

 

この写真で見ても中間にそんなものありませんよね?

 

シーリングは10年でほぼダメになります。

 

「サイディングは何でもないのにシーリングの劣化が・・」

 

というわけで

自宅には10年・20年後も想定して外壁材を選びましょう。

 

 

 

メリット③

かっこいい

 

シンプルかつクラシカル

 

家とは長い付き合いになります

シンプルで長く愛せるものを選びましょう。

 

 

 

この写真は

「外装に関しては遥か先を行っているアメリカ」の住宅です。

 

ラップサイデイングではありませんが

同じデザインです。

(アメリカではメンテナンスしやすい樹脂製外壁が主流なんです)

築20年以上経過しているように見えますが

古臭い感じしますか?

 

「風景に溶け込んでいる」

「良い景観を作り出している」

 

そう見えませんか?

 

デザインや性能も補修に関しても優等生な

ラップサイデイング。

 

デメリットはイニシャルコストが

「普通のサイデイングの1.2~1.5倍程度かかる」ことぐらい。

 

 

でもトータルで考えれば断然安い。

 

 

こんな良い外壁材なのになぜあまり増えないのだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

外壁寿命を長持ちさせるポイントって?①

現在の住宅では10年に一度塗装するのが一般的?

まあそうする方が多いと思います。

 

でもほんとに10年に一度必要なのでしょうか?

実は必要で無い家もたくさんあります。

 

まずは素材です。 外壁材がなんであるか?

これが重要なんです。

一般的に住宅で使われている外壁材では

「タイル張り」

が最もランニングコストを抑えることができます。

 

(延床30坪程度の木造住宅のケース)

もし15年に一度塗ったとしても

サイデイングとほぼ同じなんですね。

 

「最初に300万も払えないでしょ!」

と思う方。多いと思います。

自分も実際そうでした。

 

実はサイディングですごくいいのがあるんです。

 

それはまた次回紹介しますね。

 

瓦チップ 

瓦チップを施工して3カ月が経過しました。

 

 

 

雑草もほぼ生えてきません。

雨天時にぬかるむこともないしやはり良い!

 

成田屋商店平塚支店では瓦をリサイクルした

「瓦チップ」を販売中です!

非言語コミュニケーションとの出会い

一年前ある会社の安全大会での出来事でした。

 

安全大会の講話ってあまり面白くなく

「座って聞き流しているだけ」そんな感じがほとんどなんです。

 

 

ところがその日は違った。

 

たしか90分くらいだったと思うがあっという間に引きこまれ

あっという間に終わっていたんです。

 

その講師が「コミュニケーション教育協会」の

庄司副理事長でした。

そしてそれが協会に入る大きなきっかけになりました。

 

ちなみにその場に居て同じ話を聞いていたのが現在自分が所属する

「コミュニケーション教育協会・神奈川支部」の

支部長 柿崎さんでした。

 

その時すでにプロ講師だった柿崎さんの薦めもあり3級基礎講座を受講。

忘れもしないちょうど今から一年ほど前の10月23日です。

あまりに衝撃的で「知らない扉を開けた」そんな気持でした。

 

 

そしてその「非言語コミュニケーション」を知れば知るほど

会社経営に必要不可欠な能力だと分かり

どうせならプロになってやろうと決意したのでした。

 

 

ただプロになるのはそう簡単ではありません。

そもそも意識してコミュニケーションしている人ってそれほどいないですよね。

それを末端まで意識して鍛え上げるわけなので相当疲れるんです。

 

協会が仙台なので土日仙台に行き

帰りはボロボロになって帰ってくる。

そして翌月曜日は普通に仕事です。大変な日々でした。

 

 

出会った時がちょうど会社の代変わりのタイミングとも重なり

仕事の方も超過密状態。

ただその時は「会社をもっと良くしたい!」

その一心でしたのでスポンジのような状態でどんどん吸収していきました。

 

仕事はもう何年もやっているので大体のことは出来ますし予想できます。

ただここでは失敗と挑戦の連続です。

帰りの新幹線で一人何度やめようと思ったことか。

 

そんな時理事長から

「人生は誰と出会ったかで変わる」

「人生は何を選択したかで変わる」と。

 

 

そう、大変な日々ではあったけど

成長を実感でき充実した時期でもありました。

 

つづく。

 

左から自分・黒澤理事長と一番左端が庄司副理事長 仙台FMにて

まだ協会と出会って間もない頃。

一文字軒 刻み中

雨の土曜日・・・

現場作業はお休みです。

 

 

そんな中、会社の倉庫で黙々と作業する男。

そう、一文字軒を刻んでいます。

 

 

社員職人で唯一1級技能士資格を持つ瀬戸くん。

 

この一文字軒の仕事は誰でもできるものではなく

一部の職人しか出来ないんです。

 

 

一枚一枚瓦の隙間無く加工していきます。

 

完成が楽しみですね。

 

 

 

 

リフォーム評価ナビ

昨日はリフォーム評価ナビのスキルアップセミナーへ参加してきました。

 

リフォーム評価ナビってなに??

 

リフォーム業者やサイトって「ちょっと頼むのに不安だな」

「あやしい業者だったらどうしよう」

そう思う方が多いと思います。

きちんとした業者のみ登録できるリフォームサイト

それが「リフォーム評価ナビ」です。

国土交通省が唯一認可しているサイトでもあるんです。

 

そのセミナーを受けに横浜へ

 

中区周辺の歴史的な建造物の残る地域

このあたりの雰囲気は大好きです。

 

 

きちんとした業者がお客様へそれを正しく伝える。

そうなっていかないとリフォーム業界は良くならないと思います。

それは自分たちのためでありお客様のためでもある。

 

https://www.refonavi.or.jp/shop/2546/option/

 

ちなみにこれがウチのサイトです。

もっと頑張って伝えていかなきゃな。

 

 

週末ハイキング

 

日帰りで山梨までハイキングへ

 

登るのは「瑞牆山」

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつ。 wikipediaより

 

家族三人で登ります。

 

 

この辺りは「日本のヨセミテ」と呼ばれるエリアで

岩場が多い。

 

山頂近くになると手も使いながら攀じ登るという感じに。

 

 

 

 

3時間くらいで山頂へ到着。

八ヶ岳もきれいに見えます。

 

山頂でパチリ

天気も最高で抜群のハイキング日和でした。

 

 

 

下山後は甲府にあるアウトドアショップへ。

 

SUNDAY

少し前にオーナーの石川さんと知り合う機会があり

今回は初訪問。

アウトドアとファッションをバランスよく組み合わせたお店で

オーナー石川さんのこだわりが見える素敵なお店でした。

 

 

 

そのまま食事も甲府で。

koen

こちらのお店も友人に勧められて行ってみました。

 

店内にあるピザ窯で焼くピザは絶品でした。

オーナーシェフは東京で修行をして半年前に独立出店したそう。

まだ28歳。若いのに立派だな。

 

色々と刺激をもらった山梨旅でした。