ブログ

瓦屋根の棟が崩れたら?

瓦屋根で最も先に劣化する部分は棟です

 

これらの写真は地震で屋根が崩れたものですが

 

いずれも棟が崩れています。

 

 

瓦は一生もの? 

だと思っている方は多いと思いますが

それはあくまでも

「定期的にメンテナンスをしていた場合」

に限ります。

 

成田屋では瓦屋根でも

20~30年の間にはメンテナンスを推奨しております。

 

 

なぜなら現在と昔(20年以上前)では工法が違うからなんです。

 

 

従来の工法では屋根土で棟を持たせているのに対し

現在は強力棟と呼ばれる金具を使い棟をビスで留めます。

 

 

 

 

もう一度この写真を見ていただきたいのですが

 

正面の屋根がこの状態に対し

 

左側の瓦屋根は何でもないことが分かります。

 

これが従来の工法と、現在の工法の違いです。

 

 

 

 

それでは次に棟が弱ってきているサインをお伝えします。

 

【事例1】

「屋根から漆喰のカスのようなものが落ちてきた」

 

これは中の屋根土がボソボソになり棟が崩れ出している現象です。

 

 

従来の工法は屋根土の上に漆喰を塗り

屋根土に直接雨が当たらないようにしています。

 

 

屋根土は経年変化により土から砂のような状態

になり表面のしっくいを落下させます。

 

この兆候が見られると棟が弱っているサインです。

 

 

【事例2】

 

「鬼瓦が倒れた」

 

これも同様に中の状態が悪くなっているサインです。

 

鬼瓦だけ補修することも可能ですが

 

おそらく他の箇所も同様に劣化していますので

 

他の鬼瓦が倒れるのも時間の問題です。

 

以上のような現象が見られた場合は一度屋根点検をしてください。

 

瓦やしっくいが落ちて

「隣地の車や人に当ってからでは遅い」

ですので。

 

 

 

成田