ブログブログ

差し棟 ってなに? またその補修方法は?

差し棟 の補修方法について   スレートの棟には 大きく分けて2種類の方法があります   これが差し棟工法     その1つに差し棟があり、 仕上がりが シンプルなので     こちらが合羽棟(かっぱむね)   現在では とても 主流の工法になってま...

続きを読む »

屋根の上の 樋が (這い樋)が外れてしまったのですが?

屋根の上の 樋が (這い樋)が外れてしまった   屋根の上を這っている樋のことを 這い樋(はいどい)といいます     這い樋(はいどい)は 固定方法が 甘いなどの理由により 強風ではずれてしまうことがあります    既存の状態、止付けが甘い   そもそも 接...

続きを読む »

雨樋の 部分補修ってできるの?!

雨樋の 部分補修ってできるの?!   「雨樋の一部が割れた 」という事例はとても多いです   ではその部分だけ補修できるのかというと   「結論から言うと部分補修は可能です」   雨樋部分補修施工例      ただ条件があります   それは...

続きを読む »

価値観やベクトルの近い友人達って刺激になるよね

価値観やベクトルの近い友人達から学ぶことがとても多く   ほんと刺激になります。   昨晩は ㈱ウチノ板金の内野さん と ソライロデザインワークスのすっすー(今井さん)   と一緒に食事会。   内野さんは屋根点検に使うドローンのセミナーで知り合い、   そこから親交を...

続きを読む »

コロニアル(スレート)の寿命は 20年~30年程度 と言われていますが・・

  コロニアル(スレート)の寿命は 20年~30年程度 と言われていますが     コロニアル(スレート)屋根の 棟板金はそれよりも早く劣化します     なぜならば 板金の下に「貫」と呼ばれる 木が使われており   その木が 雨水や 熱による収縮で 傷んでし...

続きを読む »

コロニアル(スレート)の補修について

コロニアル(スレート)の割れの補修について   経年変化や 人が乗ったことにより   コロニアル(スレート)が割れるという事例は数多くあります     しかしその多くが 屋根専門でない業者が治しており   写真のようにシーリングを ちょっと塗るぐらいで終わりにしたりして...

続きを読む »

雪止めって後から付けられるの?

ここ最近で また雪止めの依頼が増えています   神奈川では降っていませんが   長野や群馬は もう結構降っているようです   なぜ雪止めが必要かというと   雪が塊で落ちることを防ぐためです    小さな突起が雪止めです   雪が 小さい状態で 落ち...

続きを読む »

屋根屋と薪ストーブ?!

屋根屋と薪ストーブは相性が良いのでは?!と考え   鎌倉のノーザンライトストーブさんへ     スタッフの方にいろいろと聞いてみましたが   やはり屋根工事は必要であり、   しかもかなり重要なポジションを担っているということが判明。    ...

続きを読む »

岐阜の日本いぶし瓦㈱さんへ

石川さんと 岐阜の日本いぶし瓦さんへ   左から 野々村さん 成田 石川さん 片倉     野々村さんが素敵なお店を予約してくれました。   全国には多くの屋根屋さんはありますが   その中でも「本質的な取り組み」をしている企業さんのところへ学びに行っています。...

続きを読む »

職場のコミュニケーションとこれからの雇用について

先日横浜の神奈川中小企業センターにて     「職場のコミュニケーションとこれからの雇用」についての講和をさせていただきました。       神奈川県鉄構業協同組合青年部の柳川さんの推薦です。   参加者は私と同年代の経営者さん。    ...

続きを読む »