施工事例施工事例

スレート屋根の棟板金は要注意!

棟板金の交換を行ないました     スレート屋根(コロニアル)の 最初に劣化する箇所は棟板金です   理由は棟板金の下は 「木」を使っているからです     その下地の木が 熱や雨水などにより 収縮し 劣化していきます   そして劣化が進むと 最終的には釘が抜...

続きを読む »

瓦屋根の 劣化する箇所 ランキングって?!

まず何といっても第一位は 棟です     なぜ棟が最初に劣化するかというと 屋根土で 固めただけの 場合が多いからです 屋根土は年数が経過すると砂状になっていき 最終的には崩れてしまいます     ですので いくら 新築時にきちんとした施工がされていたとしても 屋根土は傷んでしま...

続きを読む »

瓦屋根ってメンテナンスしないとどうなるの??

瓦の屋根は一生モノだと 思っている方は多いと思います   それは あくまでも メンテナンスをしていた場合です   一切何もせずに 20年30年と 経過した 瓦屋根は 当然劣化して行きます   ではどこが劣化するのか 見ていただきたいと思います   屋根に 棟と呼ばれている部分があ...

続きを読む »

コロニアル(スレート)の メンテナンスについて

コロニアル(スレート)の 棟板金交換について   コロニアル(スレート)屋根で もっとも最初に劣化するのは      棟板金です。   ほとんどの場合 下地の 木(貫)が 雨水による 収縮で いたんでしまい     釘が効かなくなってしまう...

続きを読む »

差し棟 ってなに? またその補修方法は?

差し棟 の補修方法について   スレートの棟には 大きく分けて2種類の方法があります   これが差し棟工法     その1つに差し棟があり、 仕上がりが シンプルなので     こちらが合羽棟(かっぱむね)   現在では とても 主流の工法になってま...

続きを読む »

コロニアル(スレート)の寿命は 20年~30年程度 と言われていますが・・

  コロニアル(スレート)の寿命は 20年~30年程度 と言われていますが     コロニアル(スレート)屋根の 棟板金はそれよりも早く劣化します     なぜならば 板金の下に「貫」と呼ばれる 木が使われており   その木が 雨水や 熱による収縮で 傷んでし...

続きを読む »

コロニアル(スレート)の補修について

コロニアル(スレート)の割れの補修について   経年変化や 人が乗ったことにより   コロニアル(スレート)が割れるという事例は数多くあります     しかしその多くが 屋根専門でない業者が治しており   写真のようにシーリングを ちょっと塗るぐらいで終わりにしたりして...

続きを読む »

和瓦の 葺き直し工事が始まりました!(部分葺き直し工事)

和瓦の 葺き直し工事とは、 今使っている和瓦を 一度下し       下地の 防水シート(ルーフィング)を 新しくします     和瓦の寿命は 50年以上 ですが   下地防水シート(ルーフィング)の寿命は およそ30年です     そのた...

続きを読む »

強力棟工法について 棟の取り直し工事

棟の撮り直し工事が始まりました     瓦屋根は 一生モノ と考えている方は多いと思いますが   瓦屋根でもメンテナンスは必要です   その中でも最も先に メンテナンスが必要なのは棟です     特に 30年以上前の屋根であれば   屋根土で 固めた...

続きを読む »

瓦屋根の漆喰(しっくい)が落ちてきた、大丈夫でしょうか?!

「瓦屋根のしっくいが落ちてきた」     このような問い合わせがとても多いです   このしっくいが落ちてきたことにより すぐに 雨漏りしてしまうのか   ということを解説したいと思います   結論から言うと「 漆喰の崩れ は雨漏りには直結しません」   ただ...

続きを読む »