ブログ

建築家 竹原 義二

屋根外装工事協会の定例会で建築家竹原義二さんの講演を聴いてきた

 

 

 

 

IMG_0159

 

 

とにかくインパクトのある講演内容で衝撃的でした。

内容は「建築素材について」

簡単に言うと

「現在の建築の多くは本物の素材使っていない」

「現在の建築は手間をかけずお金を儲けることしか考えていない」

などなど我々にとって頭の痛い話でした。

ただ現在の住宅建築の中で数少ない

本物の素材を使った工事をしている工事屋の一つが屋根屋だとも。

レンガや瓦というのは本物の素材。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0160

 

そう、本物の素材は時を重ね成熟した美しさがあります。

確かに石油製品の汚れって気になるけど

本物の素材「石・木・土・紙」は経年変化を楽しめるものですよね。

 

 

 

JT00016983_90513_web

これらが先生の作品

方位によって外壁材の木の種類を変えているそうです。

日当たりの良い場所はなるべく反りの出にくい素材だったり縦桟を多く打ったりと工夫を凝らしています。

また中国製品は使わない、その土地のものをなるべく使うようです。

 

 

 

 

 

 

 

05

石の壁が美しい。

天然素材は手間がかかるけど一生付き合っていけるものですね。

住環境がもし欧米の影響を受けていくのであれば

スクラップビルドをやめ本物を求めていくのでしょう。

というかもともと日本の住宅はそうだった、戦前までは。

それが戦後大きく変わってしまった。簡単に言うと劣化していったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

03

 

もともと日本人は美意識の高い文化を持った民族

江戸時代にゴッホやゴーギャンが浮世絵に夢中になったということが証明しています。

111005c

[カップマルタンの休暇小屋]

巨大なプロジェクトを数多く手がけた近代建築の三大巨匠でもあるル・コルビュジエが

3.66m×3.66mの8畳に人が豊かに暮らせる最小寸法を計画している

このカップマルタン小屋は茶室の影響を受けているといわれてます。

Less Is More

「 物が少ないほうが豊かだ」

この考え方ももともと日本人に備わっていた感覚。

素材を通していろいろ考えさせられた

そんな建築家竹原義二さんの講演でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨明け

IMG_0023

 

ついに関東地方も梅雨明けしましたね。

屋根屋でもここ最近の夏の暑さはかなりこたえます。

新人が最初に越えなくてはならない大きな壁が「夏の暑さ」でもあります。

 

 

 

 

 

ただ屋根職人は暑さへの備えがあるというか慣れているというか

熱中症になる職人はほかの職種に比べてかなり少ないのです。

 

 

 

 

 

IMG_0031

 

 

屋根上は遮るものも少ないので風通しが良いというもの理由かもしれません。

よく職人から「午前中は風が無く暑くて参った」というようことを聞くので

気温的には午後のほうが高いはずなのに

体感的には風のない午前のほうが暑いと感じるようです。

 

 

 

 

 

この日は茅ヶ崎市の現場で和瓦の施工中

 

 

 

IMG_0025

 

最近1級技能士の試験に合格した瀬戸くんが施工しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0028

 

 

 

ここはリフォーム物件だったので高度な技術を要します。

でもさすが1級技能士

きっちりおさめてくれてました。

 

 

 

 

 

 

 

早稲田大学

IMG_9999

 

早稲田大学を目的に行ったのではないのですが・・

神奈川にお店があるので仕事で東京へとなると

たいていの場合お客さん関連の会議へ出席する為となります。

この日は東京のリーガロイヤルホテルで開催された

住友林業ホームテックさんの会議へ。

 

 

 

IMG_9997

 

うちは20年ほど前から住友林業の家の屋根・外壁工事をしております。

住友林業と共に成長してきたといっても過言ではありません。

厳しい施工品質から工程管理、お客様対応にいたるまでいろいろ勉強させてもらっています。

ところでこのリーガロイヤルと早稲田大学は隣接しており

休憩時間に少しだけ散歩してみまました。

 

 

 

IMG_9998

ここはいわゆる学食です。

おしゃれなカフェにしか見えない学食ですね。

学生がテラス席で勉強してました。

IMG_9999

 

一流の人材は一流の環境で育つのでしょうね。

校内は東京のど真ん中とは思えない緑の多い環境。

キャンパスライフがうらやましく思えました。

きっとここから日本の中枢へ巣立っていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

リッジウェイ重ね葺き

築30年以上のお宅の屋根をリッジウェイで重ね葺きしました。

 

IMG_9392

一度もメンテナンスをしていないようでかなり激しく劣化しています。

 

 

IMG_9393

棟板金のサビもすごいことに。

今回雨漏れもしているということなので重ね葺きを提案させていただきました。

(※塗装で雨漏れは防げません)

rリッジウェイ カバー

今回はリッジウェイでいきまます。

特徴は

①価格がリーズナブル

②色落ちが少ない(耐久性が高い)

③緩い勾配にも対応

④見た目がかっこいい

個人的には④のかっこいいって部分が好きなのでお客様へよく勧めます。

IMG_1142

一度ルーフィングで屋根全体を覆います。

今回は緩勾配だったので裏面粘着タイプのルーフィングを使用

IMG_1150

もともと換気棟が付いていなかったので今回は開口し取り付けます。

「棟換気」は小屋裏内の湿気と熱を排出する目的があり

現在の工法では付けるのが当たり前になっています。

IMG_9875

ウチのリフォーム工事スペシャリスト高橋くんが施工してくれてます

IMG_9873

田んぼの鮮やかな緑とリッジウェイのアーストンシダー色が

見事にマッチしてイギリスかどこかの田園風景に見えます

IMG_1156

換気棟は仕上がるとこんな感じです。

IMG_1162

一部雨樋の破損部分は簡単に補修しておきました。

IMG_1159

工事完了

やはり田園風景とアーストンシダー色は合いますね。

建長寺

鎌倉の建長寺へ屋根の調査へ行ってきました。

 

 

IMG_9725

 

外国人や学生の観光客でにぎわう境内を通り過ぎ

依頼を受けた場所へ。

IMG_9692

かなりの急勾配で調査中の工事部長の福井

築100年以上の建物ですがかなりしっかりと造られていました。

IMG_9702

このくらいの規模となると一人じゃ厳しいので

2人で細かく調査します。

IMG_9707

滑り出したら確実に骨折以上ですね。

「屋根屋さんは慣れてるから大丈夫なんでしょ?」

とたまに言われますが

「普通の人が怖いものは我々も怖い」

というのが本音です。

ただ滑らない落ちないための技術・知識があるので落ちませんけどね。

せっかく建長寺へきたので少しだけ境内を散策。

 IMG_9726

鎌倉までは平塚から40分くらいですが

意外と近いと行かないんですよね。

ポリカ屋根交換について

屋根の現地調査へ行った際お客様から

「ポリカ屋根の交換も瓦屋さんでできますか?」

と聞かれることがあります。

もちろん

「できます」

基本的には屋根と呼ばれるものはほとんど直せます。

 

 

IMG_1800

 

 

IMG_1798

 

経年劣化により壁際の板金のサビ

ポリカ波板自体も簡単に割れてしまうほど痛んでいました。

まずは既存波板を撤去し

IMG_9081

フレーム(木下地)を補修・塗装します。

IMG_0192

 

壁際の板金も交換します。

IMG_0191

新しい屋根は「フロスト」と呼ばれる擦りガラスのような風合い

やさしく光を拡散します。

IMG_9496

こんな軽微な補修も得意です

お気軽にご相談ください。

 

一文字葺き

みなさん瓦と言うと和瓦を想像すると思うのですが

新築で和瓦を使った住宅は年々減少傾向にあります。

 

さらに一文字葺きとなると当社でも年に2・3棟 多くても5棟くらいでしょうか。

 

 

IMG_9439

 

そんなレアな存在ではありますが

デザインにこだわったお客様からのニーズが高まっていたりします。

 

 

このS様邸もまさにデザインにこだわり何度も打ち合わせを重ね

工事がスタートしました。

 

 

軒先が「一文字」

平瓦に「切り落とし」

丸栄陶業製のいぶし瓦を使用しております。

 

 

IMG_9443

 

切り落としを使用することによって陰影が濃くなり

より男性的でシャープな印象になります。

 

ちなみにこれを選んだのは女性のお施主様です。

 

 

 

破風や軒天も無垢仕上げなので

かなりかっこよく仕上がりそうです。

 

 

IMG_9444

棟も7寸素丸を使用予定なので

これまた仕上がりが楽しみです。

S瓦からTルーフへ葺き替え

 

 

 

 

2016年1月から平塚市内のお客様

K様邸の工事をさせていただきました。

 

 

 

 

 

IMG_7164 IMG_7162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総タイル張りなので30年以上経過しているとは思えない外観ですが見えない部分は確実に劣化しています。

もちろん耐震対策も兼ねてLIXIL Tルーフへ葺き替えることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存瓦をおろしコンパネ(ベニヤ板)を重ね張ります。

 

古い建物の屋根下地には杉板を使用していることが多くそれでは現在の施工基準を満たすことが難しくなっており

多くの場合コンパネを増し張りします。

理由はビスや釘の保持力の確保または屋根自体の強度を上げる目的があります。

 

 

 

 

 

 

IMG_0474

 

コンパネ増し張り施工中

 

 

 

IMG_0472

 

張り終わるとすぐにルーフィング(防水シート)を施工します。

 

 

使用するのは「ライナールーフ」

 

成田屋ではこの見えないルーフィングにこだわりがありこの高級品ライナールーフを使います。

 

雨漏れ原因の多くはルーフィングの劣化からくるもので

 

逆にルーフィングさえしっかりしていれば屋根材は劣化していても30年くないなんでもないってお宅もあります。

 

そしてその屋根に使われているルーフィングはほぼライナールーフなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0473

 

棟中央部分に換気開口を設けます。

 

 

 

 

 

 

img_007_01

 

仕上がるとこんな感じになります。(写真はTルーフ用ではありません)

 

小屋裏の温度や湿度を一定に保つ働きがあり建物の寿命を伸ばす効果があります。

 

単純に夏が涼しくなるって効果の方がお客様の実感できる違いだとはおもいますが。

 

 

 

 

 

 

棟部中央に見えるのが換気棟です、仕上がるとこんな感じです。

 

IMG_1131

 

Tルーフクラシック ダークブラウン色で施工

 

 

 

IMG_1129

 

 

落ち着いた良い色です。

 

 

 

 

・軒天・破風の塗装

・雨樋の交換

・Tルーフへの葺き替え

 

以上が今回K様邸の主な工事となります。

 

IMG_8295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々の建物も大きく立派ですので写真映えしますね。

K様ありがとうございました。

 

かわらぶき技能検定

 

 

1月29日に行われたかわらぶき技能検定

 

成田屋商店からも5名参加させてもらいました。

 

 

 

IMG_2459

 

そもそもかわらぶき技能検定とは

かわらぶき技能士(かわらぶきぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、かわらぶきに関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、かわらぶき技能士資格を持っていないものがかわらぶき技能士と称することは禁じられている。wikipediaより

 

簡単に言うと「かわらぶき(屋根施工)の国家資格」です

 

 

 

 

今回横浜本店から2名、平塚支店から3名が挑戦しました。

 

 

 

平塚支店の瀬戸くんはただ一人1級へ挑戦

IMG_2473

 

この資格には1級2級と難易度別に分けられており

さらに架台を使った実地試験と筆記試験があります。

 

 

 

もちろん1級の実地試験の難易度はかなり高いです。。

 

IMG_2482

 

試験では時間内での技能の正確さと美しさが求めれます。

 

 

成田屋ではこうした職人の育成にも非常に力を入れており

仕事でお客様から認められなければ会社の繁栄は無いと考えております。

 

 

 

 

「仕事の報酬は仕事」

「いい仕事をすると、もっとおもしろい仕事ができるようになる。これこそ人生最大の喜びじゃないか」

 

これはかの有名なソニー創業者 井深大氏の言葉で

すごく共感できるなあと思い引用させてもらいました。

 

IMG_2493

 

少しわかりづからいかもしれませんが

この隙間なく瓦と瓦とを削り並べる(施工する)のにかなりの技術を要します。

 

 

 

合格発表は3月11日

みんな合格してくれると良いのですが。。。