お知らせ

湘南ジャーナル

ドローンでの屋根点検が平塚の地域紙で取り上げていただけました。

 

 

 

 

 

こんな感じで飛ばします。

 

 

 

屋根点検専用アプリを使って撮影しますので安心です。

 

ドローン飛行の育成セミナーにも参加、ちゃんと終了証もいただきました。

これで晴れてドローンパイロットです。

 

 

 

取材当日はあいにくの天気ではありましたが

ドローン点検をしているドローンをドローンで空撮するという高度技術も!

下から撮影だと何が何だかさっぱり分からない写真になってしまうんですよねぇ。

さあこれでハシゴのかからないような屋根も点検しますよ!

スタッフ 募集中!

現在成田屋支店では積算事務職のスタッフを募集中です。(パートさん)

学歴、職歴不問 未経験も大歓迎です。

 

主な仕事は

「パソコンで屋根の面積を図面から拾い出す業務」です。

 

時間や休日も限定していないので要相談にて。

 

時給1,000円~1,200円

 

 

 

 

 

気になる方は連絡ください!

あけましておめでとうございいます

新年あけましておめでとうございます。

 

5日から仕事はスタートしております、が。

 

職人は9日からの人が多いので先日新年のお参りに行ってまいりました。

 

 

 

建設業界も2020年で大きく変化すると言われおります、

 

 

そうあとたったの2年しかないのです!

 

 

今年の目標は「行動すること」

 

やはり過去を振り返っても結果に繋がっているのは「行動」なんです。

 

というわけで本年は新規事業の立ち上げと塗装部門の強化などとにかく動こうと決めています。

 

 

 

 

 

年末休みは家族で軽井沢へ

 

今シーズンは雪の当たり年ですね。

 

 

 

 

夜は友人のお店

cafe shaker

 

今年はあと何回いけるかな。

 

 

 

 

そして6日からは新年会ラッシュへ突入

イソダさん:鎌倉プリンスホテル

社長のスピーチが素敵でした

 

 

住友林業湘南支店さん:銀座アスター

毎度盛り上がるビンゴゲーム!

田島ルーフィングさん:椿山荘

椿山荘、毎度圧倒されます。

そんなわけで本年もよろしくお願いいたします!

年末年始の予定について

年末年始の休業を下記の通りにさせていただきます。

 

 

 

休業期間

平成29年12月29日~平成30年1月4日

 

 

 

1月5日より通常通り営業いたします。

瓦チップの販売

 

 

廃材となった瓦をリサイクル、

チップとして社屋にまいてみました。

 

 

 

 

屋根屋らしく瓦で壁を作ります

 

仕切りを作って防草シートを敷きチップをまきます。

 

 

 

 

仕上がりました。

 

瓦をリサイクルしているので釉薬の色が残っています。

それほど目立ちませんが。

 

 

 

1kgあたり50円で販売中!

※瓦チップは平塚支店限定での販売・施工となります。

 

かなりいい感じです!

 

こちらも併せてごらんください

屋根専門というプライド

お客様のお宅へ伺い話を聞いてると

 

他の業者にも見積り頼んだけど

 

「怪しい人が来た」

 

「怖そうな人が来た」

 

 

そんな話をよく聞きます。

 

まだまだ成田屋の宣伝不足・アピール力不足を痛感します。

 

 

おそらくその業者さんは組合にも入っておらず

仕事にも誇りをもって取り組んでいないのでしょう。

 

でもたとえしっかりした仕事していてもそれを「表現」できていなければ、お客様へ「伝わっていなければ」無いものと同じ。

 

 

その間に悪徳業者に地元地域を食い物にされているのが現状です。

 

 

 

 

 

「我々が地元の屋根・外装を守らなければならない」

 

お客様とのやり取りで様々なことを学ばせてもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

良い業者・そうでない業者の見分け方(屋根屋編)

良い業者、そうでない業者の見分け方。

簡単にまとめてみました。

屋根工事の場合全瓦連に加入しているどうか?かなり単純な分け方ですが実はこの部分はけっこう重要です。

 

※では全瓦連てなに?

「工事業連盟(全瓦連)は瓦工事業者の全国団体です。 内閣府所管の一般社団法人として社会的地位を有し、屋根技術の向上と社会貢献に努めております。 屋根に関するご相談や質問があれば、心よりお受けいたします」全瓦連公式HPより

 

IMG_2473

 

ただ加入しているお店は「社長が親方。23人で運営している」というところも多く営業力の無いお店が多いです。

もともと職人さんは営業が得意ではない方が多いので口下手だったりするかもしれません。

ただ仕事に対する情熱や知識・経験ではその辺のリフォーム屋さんでは到底敵わないレベルですので安心して仕事を頼めると思います。価格の相談も聞くだけ聞いてみたほうが良いです。

 

※仕事に自信がある業者は「飛び込み営業はしない」

「近所で工事をしている者ですがお宅の屋根瓦割れていますよ」

作業着でいかにも今まで近くで仕事していた風の方が営業に来たとします。

でもその作業着着た職人さんはホントに屋根屋さんですか?

ただ単に作業着着た営業さんではありませんか?

もし違うとすれば全然知らない人に屋根へ上がらせてはダメです、屋根上は下から見えないので何をされるかわかりません。

自分で瓦を割りそれを撮ってみせてくる人もいるようです。

 

※ではなぜホントの屋根職人さんが仕事を奪われていったのか。

まずその仕事の形態が要因としてあります。

「我々屋根屋は工務店さんから仕事をもらっている」

屋根屋に限らず下職と呼ばれる専門職はほとんど工務店の下に入る形で存在しています。

そのためお客さんは「工務店の方々」になり一般顧客へ目を向ける必要がありませんでした。

その間に一般顧客へ向けた営業が得意な業者が仕事をどんどん取っていき屋根専門でもないので知識もなくいい加減な仕事をこなす。

クレームを言おうと思ったらその会社はもうすでに無くなっていたなんて話もよく聞きます。

ホームページを公開しました。

ホームページを公開しました。