採用情報

採用情報

代表者成田崇の考える職場とは?

昭和 51 年9月9日生まれ
平塚出身 平塚育ち

父親がやっているので渋々入社した成田屋
「仕事ってめんどくさいな」
入って数年はそう思っていました、
ですので仕事が嫌いな人の気持ちは
人一倍分かります(笑)
その苦手だった理由はなんだったんだろう・・
今になって思うのは「働く環境」にあると思います
例えば
雑用ばかりで全然教えてもらえない。とか
社歴が長いだけで威張る先輩がいる。とか

働く環境は人生に大きな影響を及ぼします。
成田屋では従業員満足度を最優先しています。
また建設業では珍しく若者や女性も活躍しています
人生は一度きりです。
その中で仕事している時間は短くはありません。
「一緒に仕事を楽しみましょう!」

屋根屋さんってどんな仕事?!

屋根というのは建物にとってとても重要な部分です。
西洋は壁の文化、日本は屋根の文化と言われております。
なぜなら日本家屋は木や紙など雨に当たると劣化しやすい材料を多く使います。
ですので日本家屋は大きな軒先を持つ必要がありました。

2019年9月現地調査で訪れたポートランド日本庭園
日本的建築には大きな屋根が欠かせない

そんな日本建築の象徴でもある屋根を作る仕事です。
また近年では台風の大型化などで
各地で多くの屋根被害が発生しており
社会問題にもなっております。

全くの未経験ですが・・・・

成田屋商店で働く多くのスタッフは20~30代です。
職人さんの高齢化が進む業界のかなでは若手が多い職場です。
またそのほとんどのメンバーは未経験での入社です。
職人世界には「見て覚える」といったような昔ながらの考えの会社も多くそれでは若者はなかなか育ちません。
なぜなら「仕事が楽しい!」と思える前に大変なことが多すぎて辞めてしまうからです。
成田屋では
はじめは架台などを使い徹底的に基礎を覚えてもらいます。
いわゆる「先輩の雑用係」といった非効率的な仕事はなるべく排除
「架台で学び現場で褒められる」
「仕事が楽しい」というプラスのループに
なるべく早い段階で入ってもらいます。

職人さんの未来って??

AI化が進むと多くの職業が淘汰されると言われております。
では職人さんもロボット化されるのでしょうか?
答えは「簡単に覚えらる仕事からAI化される」です。
現場仕事は多くの職種があり、難易度も大きく異なります。

屋根工事は技能検定や技能コンクールなどもある立派な技能職です。
また近年の職人さん高齢化により若い職人さんの価値はさらに上がっていきます。
なぜならすべての価値は希少性に比例するからです。
ダイヤモンドは美しいから高価なのではなく希少だから高価なのと同じです。

入る前に知ってほしい
成田屋には合わない人物像

仕事のスキルが高くても自分勝手な人

成田屋では従業員満足度を特に重視して運営しております。
働く環境、人間関係を無視するような方には不向きな職場です。

勉強が嫌いな人

勉強といっても学校でするような勉強とは異なります。
実際に仕事で使うスキル身に着ける学びです。
職人さんなら屋根のおさまりの学びや、板金の折り方の学び
営業や事務所スタッフであればコミュニケーションの学びなどです。
お客様へ建築のプロフェッショナルとして貢献できるよう常に学びます。

新しいことが苦手な人
(チャレンジが苦手)

時代は常に変化していきます。
「生き残る種とは、最も強いものではない。
最も知的なものでもない。
それは、変化に最もよく適応したものである」ダーウィン
建設業界も同様に常に変化し続けます。 成田屋も時代の変化に合わせ常にチャレンジしていきます。

休みと給与について

成田屋で働く社員職人さんは日給月給を採用しておりますが
日給ですと雨で働けない日はお金貰えないんですか?ということになりかねません。
成田屋では現場以外でもやることはたくさんありますので本人のやる気次第です。
成長の早い職人さんは雨でも架台をつかって練習します。
もちろん社内での練習にも一日分の給与が支払われます

詳しい情報はindeed へ掲載しております。
そちらもあわせてご覧ください。

募集要項

募集業種 営業担当 反響型営業
屋根職人見習い(未経験大歓迎)
募集人数 営業担当 1名
屋根職人見習い 1名
勤務地 神奈川県平塚市
給与 年齢・経験を考慮し決定します。
【試用期間】3か⽉
こんな人を
求めています
現場(外)が好きな人、向上⼼を持っている人
応募方法 まずはメールか電話でお問い合わせください
【メール】takashi@naritaya.com
【電話】0463‐34‐3501
【担当】成田

成田屋商店 ビジョン

そこにみんなを思いやる気持ちはありますか
そこに今までにない発想や行動へのチャレンジはありますか
そこに何としても目標を達成するこだわりはありますか

スタッフインタビュー

熊澤あずさ 屋根職人です。
出身地は平塚です。
入社して1年になります。

好きな食べ物は、ジャガイモが大好きです。
ジャガイモなら何でも好きです。
おすすめ料理は、ジャーマンポテトです。
ちなみに7才の小学生の娘と2才の娘がいます。

業務内容は、
現場の施工、屋根の施工です。
私はあんまり重たいものが持てないので、
先行してできることを先に回ってやることが多いんで、
板金を付けたり、先にテープを貼ってたりが多いです。

池田愛莉です。
出身地は平塚です。
業務内容は、事務作業です。
あとは積算をしています。
趣味は野球観戦と、漫画やアニメを観る事です。

成田屋に入ったきっかけは、
前働いてたところが川崎で遠かったので
通いやすいところで探してました。

前職は、美容室の受付で働いてました。
楽しくて、なんの不満もなかったんですけど、
遠くて通うのがきつくて辞めてしまいました。
家族は3兄弟で、男と男に挟まれた真ん中の女です。

成田暁子です。

経理事務をしております。
仕事をはじめたきっかけは
成田家に入ったからです。

多分仕事をはじめて9年くらいになります。
はまってることは、猫ちゃんと遊ぶことです

出身は、秦野市で生まれてすぐに
大磯に引っ越してきました。

いまは平塚に住んでいます。

片倉あずさ、営業です。
平塚生まれ平塚育ちです。

最初は積算業務で入って時間が
自由なパートで募集してたので
自分がやりたいことができると思って
軽い気持ちで入りました。

最初は週に数時間とか
働きたいなって思ってたんですけど、
気付いたら毎日来てる社員になっていました。(笑)

はまってることは仕事で、
まだまだ勉強の時期なんですけど、
お客様とのやり取りに
すごくやりがいを感じていて、すごく仕事が楽しいです。

3才になる息子がいるんですが、毎日仕事をしているので、
普段遊んであげる時間がない分
お休みの日とかに一緒に遊びに行くのがすごく楽しいです。
最近はわがままなので大変ですけど
色んな事を一緒にできるようになってきて楽しいです。

みなさんは屋根屋で働く前、屋根屋の存在って知ってましたか?
片倉:私は、屋根の施工は普通に大工さんがやってるものだと思っていて、
というかあんまり屋根の事を考えたことがなかったです。
屋根屋さんがあるっていうのを本当に知らなかったので、最初はびっくりしました。
成田:私もほぼ同じです。普通に大工さんがみんなやるものだと思ってたから、
〇〇屋根屋さんとか、△△ペンキ屋さんとか、分かれてるって全然知らなくて、
全部含めて職人さんがやってるって思ってました。
池田:私も屋根屋とかの存在を知らなくて、工務店とかそうゆう大工さんたち?というか、
そこのハウスメーカーさんが全部一つの家を建ててると思ってました。
部分別に分かれてると思ってなかったです。

熊澤さんは職人さんで入ってきましたが、その辺は知ってましたか?
熊澤:もともと現場の仕事を少ししてて、屋根屋さんと仕事したこともあったので、
一番自分のやりたいことに近いなって思ってたんで、屋根屋さんの存在は知っててそれで入りました。

成田屋で働いてみて印象とかどうですか?

片倉:私が入社した時はまだ子供が1才になったばかりで、
保育園に入ったばっかりで
しょっちゅう風邪ひいてしょっちゅう休ませてもらってたんですけど、支店長も
理解してくれたし、おうちで出来ることあったらおうちでやらせてもらったりとかすごく助けてもらいました。

今は大きくなったんであんまり休むこともなくなったんですけど、
なんかあれば面倒見てくれたりとか、
日曜日にお客様の所に行かなきゃいけない時は、暁さんも面倒見てくれたりするのですごい助かってます。

そうゆうことがなかったら仕事に対してもネガティブな気持ちになるんですけど、
それがあるおかげでお客様のご要望にも対応できてるので本当にうれしいです。

熊澤:成田屋の良い所は、本当にみなさんが言った事を私も思っていて。
そもそも私がやりたいことをやらせてくれる会社がこんな身近にあるって思ってなかったので、
なんて受け入れてくれる会社なんだろうって思って。本当にいいのかなって(笑)

入社前は
女子で職人?!そんな感じで職人さんは受け入れてくれないと思っていました。
だけどぜんぜんそんなことなくて、みんながなんとかしようってやってくれる。

池田:職人さんたちって
やる気のある人に対してすごく真剣に教えてくれるじゃないですか。

だから熊澤さんもすごい一生懸命やってるのを私でも見てて思ってたので
女子だからってわけじゃなく
そうゆう姿勢とかがみんなにも伝わったんだろうなって私は思います。

成田:熊澤さんは今年の夏が初めてだったけどどうだった?
熊澤:今年からはじめて、1時間に1回屋根の上から降りるようにしてくれて。
池田:働き方改革みたいな感じですか?

熊澤:そんな感じですwこうしてみようみたいなのを言ってくれて、
1時間経ったら必ず降りるみたいな。
すごい早い時は30分くらいで降りたりたくさん降りるようにしてやったら誰も熱中症になる人がいなかったです。
成田:今年は熊澤さんが夏初めてだったから心配してて、だけど無事に戻ってきてくれてたから良かった。
熊澤:いっぱい休ませてくれたので大丈夫でした。
今すごく雰囲気が良くて仲もいいので、とても居心地よくて、
それがもっと伝わったらいいなって思います。
やる気さえあれば未経験の人でも
楽しく働けると思います。